バイトブリッジ@bridgeofspies

アルバイトづくしでシフトまみれなわたしの気持ちを聞いてください

楽なバイトで稼ぎたい?!本当に楽なバイトを徹底検証!

できるだけ楽した稼ぎたい。

そういうのは「タブー」かもしれません。

昔から楽して儲けるというと、悪いことのように言われてきましたよね。

お金というのは、苦労して苦労して手に入れるものだといった感じ。

でも見方を変えるとこれは大切なことなんですよ。

 

たとえば、「苦労してもちっとも儲からない」って不幸ですよね

でも「楽して稼ぎたい」がタブーなら、「苦労しても儲からない」が正しいってことでしょ。

これでは仕事をする気になんかなれませんよね。

 

最近では、「引き寄せの法則」でもそういうことは言われるようになっています。

苦労しないとお金を手に入れてはいけないという潜在意識を持っていると、苦労しないとお金が手に入らないというわけですね。

 

そろそろ日本人は考え方を変えた方がいいんです。

どんどん「楽して儲けましょう!」よ。

 

ただ、楽してお金を儲けると「罪悪感」のようなものを抱く人もいるのは事実ですね。

こうしたことをふまえながら、「楽なバイト」について詳しく見ていきましょう。

じゃあ、楽なおすすめバイトはなんなの?


これは、アルバイト経験30件以上の筆者からすると、「治験モニター」「試験監督」「コールセンター」などでしょう。

ほかにも「ゲーセンスタッフ」「パチンコ店スタッフ「セルフガソリンスタンドのスタッフ」「ネットカフェ深夜スタッフ」などがおすすめ。

 

治験は筆者一押し。

治験モニターなどは、通院と入院の二つのパターンがあります。

そう聞くととたんに「リスク」が心配になるでしょうが、その心配はありません。

現在では、ほとんどの治験に用いられる薬剤は、外国では実際に市場に出回っているものですから、まったく心配はありません。

それでも心配な人には、薬でなく「サプリメント」「健康食品」「化粧品」などの治験もあります。

これはすごいお得な話で、最新のサプリメントをお試しでいただけて結構な額の謝礼までもらえるというすごい話なのです

 

試験監督もおすすめ。

こちらも仕事内容はかなり楽で時給も高く、早く終われば早く帰れます!

ただし、センター試験などの大きな試験では、大雪などのトラブルがあるとかなり面倒です。

小さな資格試験であれば、かなり楽。

毎日ある仕事ではないのがデメリットですね。

 

コールセンターは通販注文などを電話で受ける仕事です。

クレームや営業は他の担当が行いますので、ストレスもなく楽な仕事です。

こちらもかなり重要が高まっていて募集が増えています。

時給も1500円程度と高給です。

肉体的に楽なバイトはどんなの?


肉体的にきついのは、イベントスタッフ、資材搬入、引越し、事務所移転、工事系、運送系など。

これらの仕事は、慣れていないと一日持たないくらいきついことがあります。

その分賃金は破格。

資材搬入などでは日給2万5千円をこえることもあるとか。

 

肉体的に楽な仕事は、座ってできる仕事でしょう。

一般事務やデータ入力。

 

ただし、楽な仕事は給料も少ないものです。

そこで肉体的に楽でも比較的に給料の多いのが、コールセンター

さらに、ネットカフェの深夜や、パチンコスタッフでしょうか。

交通量調査やポスティングなども、晴れていれば楽ちんです。

精神的に楽なバイトはどんなの?


精神的に楽ということは、経理など難しいお金が絡んだ仕事ではなく、人間関係も必要ない仕事といったところでしょうか。
なるべく接客もない方が楽ですよね。

そうなると、ゲーセンスタッフ、パチンコスタッフ、ガソリンスタンドスタッフなど。

さらに、一人で黙々とできるという意味では工場の仕事などもいいかも知れません。

ただ、単調な仕事が耐えられない人には逆に「精神的にきつい仕事」かも知れません。

 

ここでもやはり治験モニターをおすすめします。

治験では、どちらかというと「お客様」感覚で仕事ができます。

あくまでも「ボランティア」という立場ですので、こちらが気を使ってもらえるのです。

こんないい仕事ありませんよね。

最新の治療薬や健康食品、サプリメント、化粧品を試せて、高額の謝礼をもらって優しくしてもらえるなんて。

未経験でもできる「楽なバイト」はある?

基本的に「楽」なバイトは未経験でもできます

未経験でもできるから楽だともいえます。

 

ただ、「楽」の定義は人それぞれ

筆者はコンビニ経験もありますが、コンビニは激務でした。

かなりきつい仕事で、仕事内容も多く、大変な仕事です。

その分学ぶことも多く、社会経験にはもってこい。

なので、高校生にはぜひ体験してもらいたいバイトではあります。

ですが、この「コンビニ」のバイトを「楽なバイト」という人が意外とたくさんいるんですよね。

ネットのランキングでもコンビニバイトは楽なバイトにランクインしていることがあります。

これには賛成できません。

セブンイレブンにしても、ファミマにしても、掃除やら品出しやら、コンビニバイトはきついよ?


 

はじめはきついけど慣れれば楽なバイト

慣れれば楽なバイトと言えば工場勤務です。

単調な作業を繰り返すのが最初は結構つらいものです。

ただし、慣れてくると全く苦にならず、たんたんとこなすことができます

とくに、ライン作業(流れ作業)ではないオフラインの仕事で、スマホの基板検査のような仕事であれば、座ってできますし、めちゃくちゃ楽です。

退屈な時間との闘いのみ。

深夜であれば、20:00~8:00の勤務で月収40万円も可能

 

ほかにも、「スガキヤ」など食品加工の工場など、工場勤務と言っても「重い」とか「きつい」という向上ばかりではありません。

とくに検査の仕事であれば、慣れればかなり簡単にできると思います。


 

結局、楽なバイトのランキングはなに?

これは筆者の独断で行くと1位は絶対「治験モニター」です。

副作用などのリスクを心配される方が多いんですが、治験には疾患別のものもあり、糖尿やアレルギーなどで悩んでいる方であれば、最新の治療が受けられたうえで謝礼がもらえます。

もちろん医師の指導の元、厳粛な検査が行われます

医療保険を使って治療を受けるよりずっとお得です。

 

また、高額な料金を払ってサプリメントを買うぐらいなら、高額な謝礼をもらって最新のサプリメントが試せます。

こんな「一見怪しいくらい条件のいいバイト」は他にはありません。

 

治験モニターは登録制です。

ぜひ一度登録してみてください。

 

楽なバイトってやりがいはどうなの?

これは非常に難しいところですよね。

やりがいは人それぞれですから一概には言えません。

ただ、楽で儲かれば、それなりにやりがいはあるんじゃないでしょうか。

 

でも、もし「やりがい」というものが「世の中の役に立てたという実感」であるとするなら、やはりそれは本人次第です

 

どんなバイトでも、一生懸命やること。

楽な仕事ならなおさら一生懸命やることが、一番「やりがい」ある働き方だと思います。

 

結局、「やりがい」は職種ではなく「働き方」なのかもしれません


 

出会いがある「楽なバイト」はどれ?

出会いに関しては、ファミリーレストランやファーストフード店などが多いと聞きます。
接客業なども、お客様との出会いは多いようではあります。

ただ、筆者の経験から行くと、楽なバイトでは「試験監督」がおすすめです。

試験監督という職種上、みなさんスーツですし、おしゃれも必要最低限。

なんとなく男性なら「知的」かつ女性なら「おしとやか」に見えるんですね。

 

なので、試験監督のスタッフは出逢いが豊富。

もちろん、スタッフ間の出会いもそうですが、受験生からも受験の緊張のせいか「試験監督」がきれいに見えるとか、かっこよく見えるという現象があるようです!

「楽なバイト」で一番稼げるのはどれ?

楽なバイトで稼ぐというのは、実際はなかなか難しいところです。

その理由は、楽なバイトは「単発」であることが多いからです。

「治験」にしてもコンスタントに毎日あるわけではありませんし、「試験監督」にしても、毎週土日に入れればいい方です。

 

交通量調査など、比較的時給のいい仕事は「単発」。

 

それを考えると、楽なバイトでも時給が高すぎないコールセンターなどで地道に働くのがいいでしょう。

コールセンターであれば、時給1500円程度ですから、8時間働けば12000円。

かなりいい給料になると思います。

ネカフェの深夜スタッフや、パチンコスタッフ、ゲーセンスタッフ、ガソスタスタッフでも大丈夫。

1000円から1500円くらいのバイトを長期で続けるのがいいでしょう。
そういう意味では、ス―パーのレジ係なども意外とおすすめではあります。
遅い時間帯では時給も上がっていますし、最近はレジ自体がしっかりしているので打ち間違いもほとんどありません。


 

結局、楽なバイトの基準って何なの?

ここまで見てきたように、「楽なバイト」と言っても人それぞれ。

電話の苦手な人はコールセンターでもストレスでしょうし、試験監督も退屈で苦痛という人はたくさんいます。

 

かと思えば、あのきつい仕事であるコンビニスタッフが楽な仕事にランクインしていたし、本当に「楽」の基準は人によって違うようです。

 

やりがいもそうですが、「楽」かどうかも、ある一つのことに行きつきます。

 

それは「その仕事が好きかどうか」ということです。

 

その仕事が好きである場合、「楽」だと感じることが多く、「やりがい」も感じることが多いといえます。

逆に「嫌い」であれば、肉体的、精神的に「楽」と思われる仕事であっても、苦痛を感じることがあるといえます。

 

さらに、嫌いな仕事では、比較的仕事がはかどらず、好きな仕事では期待以上に仕事ができるということも言えます。

 

こうして考えると、「楽な仕事」は「好きな仕事」であり、好きな仕事をしているのが一番効率よく働けて、世の中の役にも立てるということ

 

世の中の役に立てているという実感があれば、「楽して儲けている」ということに「罪悪感」を抱く必要はなくなります

 

ぜひとも、「好きな仕事」を見つけてほしいと思います!

 

天笠 多菜葉

「最近のガンプラは複雑すぎて途中挫折」